過去のNeoCoreサミット

NeoCoreサミット2009 セミナーレポート その2


  3.XML活用セッション


+++トラック:A「出版印刷業界におけるXML活用事例と最新動向」
~ XMLパブリッシングからWeb-To-Printまで ~

 印刷出版業界の潮流である「Web-To-Print」について、日本印刷技術協会(JAGAT)の千葉氏より、最新動向やビジネス活用事例を中心とした講演からスタート、この中で千葉氏は、「Web-To-Printは、デジタル印刷の登場と共に印刷業界にとってビジネスモデルを大きく変えるチャンスである」と述べました。

それに続き、株式会社ロココの福田氏と高橋氏が、2月発売予定の「METAWORKS On Demand」というSaaS形式のWeb-To-Printソリューションをデモを交えて紹介しました。この中で福田氏は、「今までのWeb-To-Printは、導入費用が高く、社内にシステムの専門家が必要であり、印刷会社にとっては非常に負担が大きかった。このサービスはSaaSで提供するため、営業部門主導で売上拡大のためのチェレンジが安価にできる画期的な取り組みである」と語りました。

P1000692

+++トラック:B「製造業におけるXMLデータベースの活用事例」

 XMLデータベース「NeoCoreXMS」を使ったシステムインテグレーションを製造業に展開するキヤノンITソリューションズ株式会社の木村氏が、製造業における商品情報管理にXMLデータベースを使った事例を紹介、現場の業務効率化と顧客満足向上を実現するためのポイントを解説しました。この中で木村氏は、「特に多品種を取り扱う製造業では、現場のニーズに即した製品仕様のデータベース化と効率的な管理はいまだに解決できない企業が多い。キヤノンITソリューションズでは、商品情報データベースを中心として、CRMやカスタマーサポートさらにはBIなどの販売支援に関連するシステムとの連携させたソリューションでこういった企業の課題解決の支援をする」とアピールしました。

P1000702

+++トラック:C「紙ベースの設備工事業務プロセスと文書管理をシステム化」
~ Excel+BPMS+XMLDBで始める施工管理ソリューション「Baltan-H」 ~

 XMLデータベース「NeoCoreXMS」とBPMSパッケージを組み合わせたソリューションを展開する日本ラッド株式会社の渡邊氏と川合氏によるプレゼンテーションが行われました。来場者の注目を集めたのが、入力インタフェースをExcelに統一、ユーザの利便性を高めながら、設備工事業務のプロセスと関連文書をデータベース化するソリューションのデモでした。川合氏は「XMLの柔軟性と拡張性を生かしながら、XMLを全く意識する事のない、Excelベースのインタフェースを開発した」と述べ、施工管理だけでなく様々な用途に応用可能である事を強調していました。

P1000709

+++トラック:D「ここまで使える!XMLデータベース」
~現場の開発者が語る。XMLDBを生かすアプリケーション開発とは~

XMLデータベース「CyberLuxeon」の販売代理店であり、XMLデータベースを組み込んだ流通業向けのパッケージソフトを企画開発販売する、株式会社エス・エフ・アイの梶原氏がエンジニアに向けた独自の「XMLデータベース論」を展開しました。梶原氏は、XMLデータベースの自社パッケージへの組み込みを決断した背景から、設計・開発段階における苦労話までを1時間にわたって語り、セッションの最後には「XMLデータベースは使い方を知ればRDBでできなかった事が簡単にできる。世の中の技術者やシステムベンダはもっと積極的に研究し、ノウハウを蓄積すべきである」と締めくくりました。

P1000698




セミナーレポート【NeoCoreサミット2009】:1ページ目へのリンク セミナーレポート【NeoCoreサミット2009】2ページ目へのリンク セミナーレポート【NeoCoreサミット2009】3ページ目へのリンク

ページのトップへ