製品情報

「NeoCoreXMSとは」はこちらXMLデータベースとは

XMLはタグ<>で表現!

XMLとは?=データ表現形式
(eXtensible Markup Language)

■ <タグ>で囲むことで、データを“意味付け”
<社員番号>001</社員番号>
→「001は社員番号である」システムも人間も理解できる!

XMLはTree構造!

XMLの構造=Tree構造
(eXtensible Markup Language)

■ データの関係をTree構造で表現するため、データの構成要素がすぐにわかる
→<社員番号>は、<社員>の構成要素である

XMLは変化するデータに対応!

XMLの利点=変化への柔軟対応

■ 社員の携帯番号も管理しよう

XMLは多様なデータ項目に対応!

XMLの利点=多様性

■ 田中さんはミドルネームを持っていた

XMLはRDBMSでは固くなる!

XML ≠ RDBMS

■ データを表にマッピングするか、
オブジェクトの形のままで管理しなければ…

柔軟性&拡張性の消滅

XMLDBならば、やわらかい!

XML ≒ XMLDB の実現

柔軟性&拡張性の最大活用

XMLDBはパフォーマンスが…

XMLDB ≒ パフォーマンス不足

■ 変化と多様性に対応するため、パフォーマンスが犠牲になるケースも

NeoCoreXMSで解決!

XMLDB = NeoCoreXMS

特許技術DPPが超高速検索を実現!

NeoCoreXMSについてはこちら


ページのトップへ